ありがとうの気持ちを込めて。娘が幼稚園を卒園しました

先日娘が3年間通った幼稚園を卒園しました。朝、用意しておいたセレモニースーツに着替え久しぶりにネイルをしてハイヒールをはきました。スーツの色に合わせたネイビーのコサージュをつけて緊張しながら親子3人で幼稚園にむかいました。

園への道の途中で娘が制帽をかぶっていないことに気がつき、夫が走って取りに帰りました。幼稚園最後の日なのにバタバタしていて苦笑いですが、なんだか我が家らしいなと思いました。幼稚園に着くと園の前には「卒園おめでとう」と看板がかかっていました。

3年前は「入園おめでとう」だったなと思うと胸が熱くなりました。看板の前で写真を撮って、受付をすませました。私は保護者席へ夫は撮影者席へ移動しました。式が始まるまではママ友たちとおしゃべりです。みんな思い出があふれて話したいことが多すぎてずっとしゃべっていました。

着物を着ているお母さんも1割くらいいて華やかでとても素敵でした。式が始まって、子供達が入場して、卒園証書授与になるともう涙が止まりませんでした。娘と仲良くしてくれた子も全く知らない子もその姿を見ては同じように泣けました。娘の番になりました。園長先生から卒園証書を受け取り、姿勢をただしてきびきびと歩く姿を見ていて誇らしかったです。

月並みな言葉だけれど「大きくなったな」と思いました。年少の時は早生まれということもあり、みんなよりも成長が遅れているような気がして焦ってばかりでした。年少の担任の先生には「子供には必ずぐっと伸びる時期がある。信じて待とう」と励ましてもらいました。

年中の時はPTA役員になっていまい、その忙しさにストレスをためていました。本当に大変だったけれど幼稚園での娘の様子をたくさん見ることができました。年長になると年少のころに感じていた「差」をほとんど気にしないようになりました。

娘が成長したのと私がPTAで忙しかったせいで余計なことを考えずにすんだのがよかったのかなと思いました。卒園式が終わると教室に戻り、担任の先生とお別れをしました。そのあと園庭に出て先生やお友達とたくさん写真を撮りました。

親バカですが、ここにいる誰よりもうちの娘がこの3年間で一番成長したと思っています。もうすぐ娘は小学生になります。買うものはだいた買ったし、準備は整いつつあります。小学校の6年間ではどんな成長を見せてくれるのでしょうか。それが本当に楽しみであり、その成長を一番そばで見ることができるのが幸せです。