北国のお花見はソウルフードのジンギスカンで決まり!

私の住んでいる北の大地では、桜の開花は4月の下旬~5月の初旬くらいです。ちょうど大型連休に当たるので、その時期はお花見客たちで賑わいます。でもこの時期は花冷えの季節でもあるので、毎年気候が若干不安定でもあります。私の住んでいる地域でいくと例年通りならば、平均気温は12~13℃くらい、最高気温で17~18℃、最低気温が7~8℃といったところでしょうか。最低気温が10℃切るとなるとやっぱり寒いですよね。

数年毎くらいにすごい寒さがやってくるのもこの時期の特徴です。どのくらい寒いかって、猛吹雪になるくらいの寒さです。なのでうっかり衣替えを済ませてしまうと泣きを見ることになります。私の住居から1番近いお花見スポットは徒歩で30分ほどの公園です。神社とか動物園とか球場があるわりと大きな公園です。

でも、桜の名所かと言えば正直そんなに桜の花は多くはないと思います。(桜の他にライラックだとかアカシアとか北国らしい木もあったはず)決して桜の名所とは言いがたいこの公園ですが、お花見の時期になる大勢の人々が押し寄せます。愛でる桜が少ないのになぜ?

それは1年に1度この時期だけ、この公園内の一部エリアに限り特別火気使用可能期間とされているからです。なぜここまで火気使用が重要視されるのか?それは北国の民たちのソウルフード・ジンギスカンを食することができるからです。最近の子供たちはどうなのか定かではありませんが、私が子供の頃は外で食べるものと言ったらそれはジンギスカンを指していました。今はBBQとかアウトドアも多様化してきましたが、私の子供時代はとにかくらジンギスカンを食べていれば良かったんです。

ジンギスカンさえ食べておけば大丈夫、OK!それで正解だったのです。小学生の時に行われた炊事遠足でも、メニューはもちろんジンギスカンでした。しかもすでに家で野菜を切って持って行くので、遠足時にすることはご飯を炊くだけ。炊事遠足とはほぼ白米を炊くだけのものと言っても過言ではありませんでした。

北国の民たちにとってジンギスカンとは幼い頃から体に染み込んだ食文化そのもの、アウトドア=ジンギスカンなのです。因みに先程ご紹介した公園ですが、山が近いのでカラスが非常に多いです。そして江ノ島のトンビの如く人間の食べ物を狙ってきます。カラスは物怖じしなくとてもしつこいので、目を付けられると本当に厄介です。

だからジンギスカン花見の時には傘を持って行きます。傘でカラスを追い払いながら、ジンギスカンを食べるのです。なので結構疲れます。もちろん花は傘で見えません。でもそれでいいんです。何かしらの花が咲いている屋外でジンギスカンを食べる、それこそが北国のお花見なのです。

5年ぶりに日本で開催される世界フィギュア選手権がいよいよ開幕

3月20日から今シーズンを締めくくる世界フィギュア選手権が開催されます。2014年、ソチオリンピック直後にさいたまスーパーアリーナで以来5年ぶりの日本開催となります。今年出場する選手の中で2014年に出場したのは男子シングルスの羽生結弦選手だけとなり、5年でもう世代交代したのだなと改めて感じます。

男子シングルスでの優勝争いは平昌オリンピックで金メダルを獲得した羽生選手と銀メダルを獲得した宇野選手、昨年の世界フィギュアを制したアメリカのネイサン・チェン選手の三つ巴と言われています。グランプリファイナルではネイサン選手が、四大陸選手権では宇野選手がそれぞれ制し調子の良さが伺えます。

特にネイサン選手は全米選手権で非公式ながらものすごい得点を叩き出しているので優勝に近いと思われます。羽生選手はグランプリシリーズのロシア杯で右足を怪我をしたためその後試合には出場しておらず未知数です。けれど、昨年の平昌オリンピックでも同じような状況でほぼノーミスの演技で金メダルを獲得したので強い選手には間違いありません。3選手がどれだけミスをせずに演技を出来るかが優勝の行方を左右すると思います。

女子シングルスは今シーズンシニアデビューし、グランプリファイナル・四大陸選手権を制した紀平梨花選手が優勝候補と言われています。昨年平昌オリンピックを制したロシアのザギトワ選手も2017年にシニアデビューしてそのままオリンピック女王に輝きました。勢いのある選手がそのままタイトルを獲得するというパターンが多いので紀平選手の優勝の可能性は大きいように思います。

ショートで出遅れることが多いのですが、今回こそショート・フリー完璧な演技でいったいどれぐらいの点数が出るのか見てみたいというのもあります。もちろん、何が起こるか分からないというのがあるので他の選手にも可能性はあります。

ロシアのザギトワ選手は身長が伸びて今シーズンはジャンプに悩まされていますがきっちり調整をしてきているかもしれません。それに、平昌オリンピック銀メダリストのメドベデワ選手もカナダに練習拠点を変えた技術を見直した成果が少しずつ現れているのでミスがなければ怖い存在です。

日本の坂本花織選手も全日本選手権を制した時のような演技ができれば女王に輝く可能性があります。残念ながら1日だけリアルタイムで見ることができませんが、なかなかない日本開催での世界フィギュア選手権をテレビ越しではありますが観戦を楽しみたいと思います。

9ヶ月の赤ちゃんの悩み色々と成長の喜びに一喜一憂

育児の際は、様々なことに一喜一憂します。特に、身長体重や、発達の具合が育児本通りでないと心配になることも多々あります。赤ちゃんには赤ちゃんの成長スピードがあるし、発育の仕方も十人十色なはずなのに、日本人は何故か型にはめたがりますよね。

と、言うのも、我が家の9ヶ月の赤ちゃん、身長が半年健診からほとんど伸びていません。9ヶ月健診のときに、少し指摘されました。もともとめっちゃデカかったので、成長線の範囲内には余裕でいますが、問題なのが伸びてないことみたいです。以前から足のポキポキなるのが気になっていて、健診の度に見てもらっていましたが異常なし。今回もポキポキは特に問題なさそうでした。

しかし、足のポキポキと身長の伸びが悪いのが小児科の先生的に引っかかるとのことで、念の為一歳になったらフォローアップのためにもう一度見せてとのことでした。私も不安だったので、見てもらって気にかけてもらうのが大変ありがたかったです。赤ちゃんの身長や体重の成長線は、いわゆる「○ヶ月ならだいたいの赤ちゃんがこのくらいのラインにいますよ」的なやつです。

私も、成長線の範囲内だし大丈夫だと思ってしまっていたので、小児科の先生の着眼点にハッとされました。先生は、私よりこの赤ちゃんに向き合ってくれていた感じがしました。気を改めて、何故身長が伸び悩んでいるのか振り返りました。一番考えられるのが、食事でした。普段から、少しタンパク質足りないかもと薄々思っていました。

タンパク質は体作りに欠かせないし、思い切ってその日からタンパク質のオカズを一つ増やしました。ただでさえめっちゃ離乳食食べるのに、これ以上増やすのは…と思ってましたが、いつも食後に「足りない!」と言わんばかりに号泣していたので。増やしてもまだお腹いっぱいにならないみたいで、次は変フォローアップミルクをほんの少し増やしました。

離乳食後期とはいえ、ミルクもかなり大事な栄養です。これでなんとか、3ヶ月後に身長が伸びていて欲しいです。しかし心配事ばかりでないのが育児の素晴らしい所です。
今日、遂に赤ちゃんがバイバイをしてくれました!上の子とフザケて遊んでるときに私が「バイバイ!」と上の子に手を振ったら、一緒に手をふりました!

私も上の子も嬉しくて遊びを途中で放棄、バイバイゲームが始まりました。動画にも撮りたかったですが、そういう時に限ってやらないんですよね…。子供の成長に一喜一憂できるのは、親の特権ですよね。心配事は付きませんが、しっかり成長している部分もあり、今後の成長が楽しみです。

天気良く雲ひとつなかった暖かい日のお彼岸のお墓参り

お彼岸のとある一日のことです。たまたまでしたがとても天気が良く、道すがら花を買いながらお墓参りに出かけました。お墓参りに必要なものは常に家に用意してあるので、捨ててもいいタオルと一緒に持って行きました。

霊園にある桶と柄杓をお借りしてお水を入れてご先祖様のお墓まで歩きます。少し風が吹いて寒かったのですが、歩くたびに体がポカポカとしてきました。お墓の前に立ち、まずはご先祖様にご挨拶です。心の中で「お久しぶりです、今日はいいお天気ですね」とつぶやきました。

わたしはいつも拭き掃除から始めます。掃除という言い方は合っているのかわかりません。墓石をご先祖様の身体と考えたら洗うと言った方が合ってるのかな?などと自問自答したりします。とにかく桶の水を柄杓ですくい、持参したタオルにかけて絞りました。一番古いご先祖様の墓石から拭いていきます。

持って行ったお墓参りのセットに小型のブラシがありまして、墓石の文字の部分や継ぎ目などの隙間をそれで掃きます。ほこりや砂を掻き出してタオルで拭き取りました。その作業を繰り返し、全ての石をきれいにしたら最後に多めの水でタオルの汚れを軽く流しました。

ひと段落して腰に手をやり空を見上げると、たぶんだと思いますが鳶が円を描きながら飛んでいました。わたしがなぜ鳶だと思ったかは鳴き声にあります。ピ~ヒョロロロ~と聞こえてきたからでした。鳶は鷹よりも小さいと理解していましたが、近かったからなのかとても大きく見えました。「ほんとに鳶だったのかな?」

と独り言をつぶやいてしまいました。さっきまでの風が止み、気温が上がってきたようです。服着すぎたかなと思いながらお花を生ける準備を始めました。花瓶を洗ってセットの中から切バサミを取り出し、適当な長さにカットしました。同じ種類の花がかたまらないように分けてみました。

バランス良く見栄えが良ければご先祖様も嬉しいかな?と華道の知識も経験もないので、自己満足な評価です。お線香に火をつける時は服ににおいをあまりつけたくないので、風上に背を向けて火をつけます。準備は終わりました。2段ほどの階段を掃いてからしゃがみこんで手を合わせました。

少しぼそぼそっと喋ったりする時もありますが、今日は心の中でお話しです。もちろん一方通行の言葉なので会話ではありませんが、これが心の整理なのかなといつも思っています。

ろうそくの灯を消してハサミもブラシもしまいます。タオルを買ってきた花を入れてあった袋に詰めました。お墓参りの都度天気は違いますが、なんとなく晴れの日が多い様な気がします。ご先祖様のおかげかなと思うと心もすーっとしました。

ありがとうの気持ちを込めて。娘が幼稚園を卒園しました

先日娘が3年間通った幼稚園を卒園しました。朝、用意しておいたセレモニースーツに着替え久しぶりにネイルをしてハイヒールをはきました。スーツの色に合わせたネイビーのコサージュをつけて緊張しながら親子3人で幼稚園にむかいました。

園への道の途中で娘が制帽をかぶっていないことに気がつき、夫が走って取りに帰りました。幼稚園最後の日なのにバタバタしていて苦笑いですが、なんだか我が家らしいなと思いました。幼稚園に着くと園の前には「卒園おめでとう」と看板がかかっていました。

3年前は「入園おめでとう」だったなと思うと胸が熱くなりました。看板の前で写真を撮って、受付をすませました。私は保護者席へ夫は撮影者席へ移動しました。式が始まるまではママ友たちとおしゃべりです。みんな思い出があふれて話したいことが多すぎてずっとしゃべっていました。

着物を着ているお母さんも1割くらいいて華やかでとても素敵でした。式が始まって、子供達が入場して、卒園証書授与になるともう涙が止まりませんでした。娘と仲良くしてくれた子も全く知らない子もその姿を見ては同じように泣けました。娘の番になりました。園長先生から卒園証書を受け取り、姿勢をただしてきびきびと歩く姿を見ていて誇らしかったです。

月並みな言葉だけれど「大きくなったな」と思いました。年少の時は早生まれということもあり、みんなよりも成長が遅れているような気がして焦ってばかりでした。年少の担任の先生には「子供には必ずぐっと伸びる時期がある。信じて待とう」と励ましてもらいました。

年中の時はPTA役員になっていまい、その忙しさにストレスをためていました。本当に大変だったけれど幼稚園での娘の様子をたくさん見ることができました。年長になると年少のころに感じていた「差」をほとんど気にしないようになりました。

娘が成長したのと私がPTAで忙しかったせいで余計なことを考えずにすんだのがよかったのかなと思いました。卒園式が終わると教室に戻り、担任の先生とお別れをしました。そのあと園庭に出て先生やお友達とたくさん写真を撮りました。

親バカですが、ここにいる誰よりもうちの娘がこの3年間で一番成長したと思っています。もうすぐ娘は小学生になります。買うものはだいた買ったし、準備は整いつつあります。小学校の6年間ではどんな成長を見せてくれるのでしょうか。それが本当に楽しみであり、その成長を一番そばで見ることができるのが幸せです。

SNSで会いたくない人を見つけてしまい嫌な思い出がよみがえってしまった

このあいだ、昔登録した某SNSを久しぶりにチェックしました。一度も書きこんだことがないので、もう退会しようかと思いつつ、どんなコミュニティがあるのかあれこれ見ていたところ、私が4年生のころまで通っていた小学校のコミュニティを見つけたので、当時の友達がいるかどうか見てみることにしました。

このころの友達や他の同級生とは、私が転校した後は連絡を取っていません。それから〇十年・・。とはいえ匿名なので誰が誰だかわからないです。今覚えている名前も少ないです。そんな中にも、もしかしたらあの人かも?!という匿名を見つけて、お元気そうでよかったなどと思いながら、さらにそのコミュニティの人達をチェックしていたら、見つけなくてもいい人を見つけてしまいました(汗)

その人ももちろん匿名ですが、本名をあまり変えないでつけたみたいで、知っている人なら気づくタイプの匿名なのです。その人は、当時は一緒に遊んだりしていた友達だったのですが・・、嫌なことをどんどん思い出してしまい、憂鬱になってしまいました。この人に言われたことやされたことが、次々によみがえってきました。こういうのもトラウマというのでしょうか。

本人と直接会っているわけでもないのに、こんな気分になるのも変ですが、もし顔を合わせることになったらどれだけストレスかと思うとゾッとします。
こういうことは、ネットがないころにはなかったことです。私が子供だったころは、例えば転校してお互いに連絡をとらなければ、それきり接点がなくなっていたのですが、こうしてSNSが発達すると、そうでもなくなってくるわけです。

会いたいけど連絡先がわからない人と再会した、という感動的なことも世の中にはありますが、私は今のところそういうことは全然ないです。この先、活用する予定もないSNSなので退会しようと思ったのですが、けっきょく登録したままにしておくことにしました。

そのSNSに登録しているのは、その会いたくない人ばかりではなく、楽しい思い出がある人達もいるからです。でも私が見たかぎり、こまめに書き込みをしている人はいなかったので、退会してもしなくても同じかなという気もします。

友達とはメールで連絡をとっているので、退会しても支障はないです。これを機会に、SNSの自分なりの使い方をあらためて考えたほうがいいかもしれません。それともうひとつ、もし会いたくない人から自分のSNSにメッセージが届いたときに、さらっとかわすひとことなども知りたいです。

ごめんなさい。主婦業を完全になめていましたことを反省

ワンオペ育児という言葉に注目が集まって久しく、主婦業だって大変なんだ、家事育児を甘く見ないでという風潮が高まっていますよね。私はこの風潮に乗りきれず、「専業主婦の仕事を給与換算すると」という話題にずっと違和感を持っていたんです。子どもが産まれるまではフルタイムで働き、それなりの収入をもらっていました。

家事なら独り暮らしのときもやっていたし、そもそも自分の暮らしのためにやるのだから給与発生しないのは当然(家事代行は代行だから給与は必要。)という考えだったんですね。酷い言い方すると、働かないで養ってもらっているのに何を偉そうに。羨ましいわとすら思っていたのです。亭主関白か。(女性です。)

さて、そんな私ですが、昨年初めての妊娠、出産を経て、2年の育児休暇をいただいています。期間限定専業主婦業を始めたばかりです。実は仕事がここ2、3年辛かったので、子どもが欲しかったのは大前提ですが、産休育が楽しみで仕方なかったんですね。仕事行かなくて良いし、可愛くて堪らない最愛の息子とずっと一緒だし、夫も家事育児は協力的。時間はたっぷりあるし何しよう。幸せーくらいに思っていました。

しかし、余りに甘かったですね。何しようだと?育休中はあまりに自分の時間がありません。二時間おきに授乳はするし、赤ちゃんを連れて出掛けるところは制限されるし何より体力がいる。そもそも買い物したりカフェでランチしたりするなどのお金がありません。共働きでしたが、二人ともただの地方公務員。一馬力ではお小遣いで悠々自適に生活するなど到底無理です。独身時代の貯金切り崩しますよー。

そしてここ1週間、私自身がなり落ち込んでいました。きっかけは夫の帰りが仕事で遅いこと。夕飯を作っても食べず、朝に取っておいても時間がない胃が痛いで食べられず、私がまた自分でいただくのです。食事作りって、献立考えて買い物行って息子見つつ作って片付けて、結構なタスクなんですよね。

しかしそれが報われない。仕事と体調が理由なら仕方がないので文句もいえない。当然給与は発生していない。何だこれ、辛ぁ。暫く笑えませんでした。しかも育児も加わると、1日家にいると結構ヘトヘトですよね。だけど内職1つ分、アンケート調査一件分の給与も出ないのです。これに気が付き、今まで主婦業をなめていたことを猛烈に反省しました。肉体的にも精神的にも大変な仕事です。3食昼寝付きだなんてとんでもないです。