9ヶ月の赤ちゃんの悩み色々と成長の喜びに一喜一憂

育児の際は、様々なことに一喜一憂します。特に、身長体重や、発達の具合が育児本通りでないと心配になることも多々あります。赤ちゃんには赤ちゃんの成長スピードがあるし、発育の仕方も十人十色なはずなのに、日本人は何故か型にはめたがりますよね。

と、言うのも、我が家の9ヶ月の赤ちゃん、身長が半年健診からほとんど伸びていません。9ヶ月健診のときに、少し指摘されました。もともとめっちゃデカかったので、成長線の範囲内には余裕でいますが、問題なのが伸びてないことみたいです。以前から足のポキポキなるのが気になっていて、健診の度に見てもらっていましたが異常なし。今回もポキポキは特に問題なさそうでした。

しかし、足のポキポキと身長の伸びが悪いのが小児科の先生的に引っかかるとのことで、念の為一歳になったらフォローアップのためにもう一度見せてとのことでした。私も不安だったので、見てもらって気にかけてもらうのが大変ありがたかったです。赤ちゃんの身長や体重の成長線は、いわゆる「○ヶ月ならだいたいの赤ちゃんがこのくらいのラインにいますよ」的なやつです。

私も、成長線の範囲内だし大丈夫だと思ってしまっていたので、小児科の先生の着眼点にハッとされました。先生は、私よりこの赤ちゃんに向き合ってくれていた感じがしました。気を改めて、何故身長が伸び悩んでいるのか振り返りました。一番考えられるのが、食事でした。普段から、少しタンパク質足りないかもと薄々思っていました。

タンパク質は体作りに欠かせないし、思い切ってその日からタンパク質のオカズを一つ増やしました。ただでさえめっちゃ離乳食食べるのに、これ以上増やすのは…と思ってましたが、いつも食後に「足りない!」と言わんばかりに号泣していたので。増やしてもまだお腹いっぱいにならないみたいで、次は変フォローアップミルクをほんの少し増やしました。

離乳食後期とはいえ、ミルクもかなり大事な栄養です。これでなんとか、3ヶ月後に身長が伸びていて欲しいです。しかし心配事ばかりでないのが育児の素晴らしい所です。
今日、遂に赤ちゃんがバイバイをしてくれました!上の子とフザケて遊んでるときに私が「バイバイ!」と上の子に手を振ったら、一緒に手をふりました!

私も上の子も嬉しくて遊びを途中で放棄、バイバイゲームが始まりました。動画にも撮りたかったですが、そういう時に限ってやらないんですよね…。子供の成長に一喜一憂できるのは、親の特権ですよね。心配事は付きませんが、しっかり成長している部分もあり、今後の成長が楽しみです。